スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(関連記事一覧)

中小企業診断士とは
中小企業診断士は、日本版MBAとも言われており、日本で唯一経営コンサルタントに関する国家資格とされています。経営コンサルタント会社で働く方はもちろんですが、一般の会社でもキャリアアップのために中小企業診断士の勉強をする方もいます。経営コンサルタントとして独立するかた多くも、中小企業診断士資格を取得しています。

中小企業診断士の年収
中小企業診断士は会社で生かして働くだけでなく、独立して生かすことができる資格です。独立して仕事をしている人の多くは、1000万円以上など、かなりの年収を稼ぎ出している人も少なくありません。

中小企業診断士試験科目と対策
中小企業診断士試験は試験科目が広範です。

スクールの中小企業診断士試験講座で勉強するなら
資格の勉強をするのが初めてだ。という受験生にお薦めなのが、スクールの通信講座を利用して勉強することです。

独学で中小企業診断士試験の勉強をするなら
中小企業診断士試験はやや難しい試験ですが、独学で合格してしまうことも可能です。独学で合格するためには、どうしたらいいのかヒントをまとめました。

みんなの中小企業診断士試験体験談を読んでみよう
みんなの中小企業診断士試験の受験体験談を紹介しちゃいます。体験談の投稿は下記のメールフォームで募集しています。あなたの体験談も聞かせて。



中小企業診断士試験に合格するための効率的な学習方法を簡単に説明します。

1、テキストの理解と暗記

まず、テキストを読みながら、基本的な事項を押さえるようにします。
テキストで勉強する際に気をつけたいことは、立法趣旨から理解していくことです。
中小企業診断士試験は暗記しなければならない事項がたくさんあります。しかし、趣旨を理解せずに暗記しようとしても意味がありません。趣旨から理解することが大切です。
時間をかけてじっくり取り組みましょう。


2、過去問を解く

テキストを一通り理解したら、次に、過去問を解いていきます。
はじめて、過去問を解く時は、間違えることが多いと思います。テキストで理解していたつもりであっても、実際に問題を前にするとわからなくなると思います。
最初は誰でもそうです。テキストを理解するための思考回路と、問題を解くための思考回路は違います。
例えば、スポーツでうまくなるためには、やり方をビデオなどで見ただけでは、うまくなることはないと思います。実際に自分で動いて、練習を積み重ねることで、うまくなっていきますよね。
試験も同じです。テキストを見て理解しただけでは、実際に問題を解く能力がつくわけではありません。問題を解く練習を積み重ねることによって、問題を解く力を身につけていくのです。
問題を解いているうちに、知識があやふやになったり、間違えやすい箇所を発見すると思います。そういった箇所を見つけたら、もう一度、テキストを読み直して、理解するようにしましょう。あやふやになりやすいところこそ、試験合格の鍵となる分野です。
最終的には、過去問の問題を覚えてしまうまでやりましょう。


3、予想問題・模試を解く

過去問を完璧にこなせるようになって、過去問自体を暗記してしまうほどになったら、次に、予想問題に取り掛かります。予想問題は、自分が受けている予備校や通信講座の予想問題だけでなく、様々な、予備校の予想問題に取り組んで、見るとよいでしょう。
本試験近くになると、予備校では、模擬試験が開催されますので、いろいろな予備校の模擬試験を受けてみるとよいでしょう。問題は解きすぎて悪いということはありません。大抵の予備校の問題は、本試験問題よりもやや難しめの問題を出す場合が多いようですが、模擬試験の結果よりも、模擬試験で間違えた箇所を再確認することに力を注ぐようにしましょう。



中小企業診断士試験に独学で挑戦する方へ

中小企業診断士試験に独学で合格している人もたくさんいます。

昔は、簡単だったけど、今は、難しいから無理だと思う人もいるかもしれません。

しかし、そんなことはありません。

やり方さえ、間違えなければ、独学でも合格は勝ち取れます。



独学で勉強する際には、注意したいことが3つあります。

1、分かりやすいテキストを利用する
テキストだけが頼りになるわけですから、とにかく分かりやすいテキストで勉強しましょう!

2、過去問は解説が充実しているものを
過去問は問題を解くことより解説を読むことのほうが大切です。詳しく解説されている過去問を選びましょう。

3、模擬試験、演習講座は受けよう
予備校には、通わなくても模擬試験だけは受けて、本試験の雰囲気を掴もう。どうしても、予備校にいけないなら、最低限、市販の予想問題集や受験雑誌には目を通そう。



独学で受験する方にお薦めの教材

1、中小企業診断士基本テキスト(必須)

本格的に勉強しようと決めたならば、テキストを一通りこなす必要があります。利用するテキストを決めたら、テキストがぼろぼろになるくらい使いまわすようにしましょう。

中小企業診断士スピードテキストシリーズ
TACが制作しているテキストです。近年の中小企業診断士試験傾向にぴったりです。試験合格のために必要な知識はすべてまとめられています。

その他の中小企業診断士テキスト一覧



3、中小企業診断士試験過去問(必須)

過去問は問題を解くことより解説を読むことのほうが大切です。詳しく解説されている過去問を選びましょう。

TACの中小企業診断士 過去問題集
中小企業診断士の過去問はいくつかありますが、上記で紹介している中小企業診断士スピードテキストシリーズを利用するのであれば過去問もTACの過去問題集がお薦めです。解説も充実しており、独学で勉強する方に最適です。

その他の中小企業診断士過去問題集一覧



4、中小企業診断士 二次試験対策

二次試験対策として大切なことは、「合格した方がどのような思考プロセスで答案を書いたのか?」という答案分析です。
予備校の模範解答のような完璧な文章を書くことが合格につながるわけではありません。
予備校の模範解答は、講師陣が会議で話し合い、時間をかけでじっくりと考えた上で作り上げたものです。
予備校が提示するような完璧すぎる解答を本試験の短い時間で書き上げることは現実的ではありません。

ふぞろいな合格答案 」には、実際に合格した方の生の答案が掲載されているため、大いに参考になります。

独学で勉強している方はもちろんですが、予備校で勉強している方もぜひ、一度は、目を通して置くことをお薦めします。



5、模擬試験は予備校で受けよう

模擬試験は、ありとあらゆる予備校のものを受けるのが一番よいでしょう。しかし、模擬試験開催日が重なるので、全部の予備校の模擬試験を受けることは不可能です。そこで、一番お薦めの予備校を紹介します。

一番お薦めなのは、LEC東京リーガルマインドです。

模擬試験の回数も十分ですし、本試験での的中率も高いことで知られています。模擬試験と似た問題が本試験でもよく出題されています。9月くらいから申し込み受付をしているので、チェックしてみてくださいね。

LECについてもっと知りたい方はこちらを参考にしてください



最後に、モチベーション維持に役立つ本を紹介します

中小企業診断士試験の勉強をしていると、モチベーションが下がってくることもあるではないでしょうか。

テキストを読んでいても理解できないことがあったり、なかなか覚えることができなかったり、過去問を解いてもなかなか正答を導き出せない。

しまいには、「なんのために中小企業診断士試験の勉強をしているんだろう?」と投げ出しそうになる。

そんなときには、中小企業診断士試験に合格した後の未来を思い浮かべることがモチベーションを取り戻す精力剤になります。

中小企業診断士の実像―診断士、独立開業のススメ は、中小企業診断士の世界をたくさんのデータと実例で知ることができる良書です。

精神論ではなくて現実的なデータを基にして、

・中小企業診断士とはどういう仕事をするのか?
・中小企業診断士年収
・中小企業診断士として独立成功するための秘訣

等が記載されています。

中小企業診断士試験の勉強でくじけそうになったときは、こうした本を読みながら、将来のことを思い描くことでやる気を取り戻せるはずです。

中小企業診断士の受験を決めたら、手元に一冊置いておくことをお薦めします。



独学で合格を目指す皆さん。ぜひ、参考にしてくださいね。


あなたにぴったりの講座はどれかな? 備考

「独学で勉強したい」

独学で勉強したいあなたに最適な教材をまとめました。独学で中小企業診断士試験に合格するためにはを参考にしてください。

独学での勉強方法のヒントをまとめました→独学で中小企業診断士試験勉強をする派

「講義を聴くのが面倒」

講義を聴きながら勉強するのは面倒。講義を聴かなくても理解できるテキストで勉強したい。というあなたにお薦めなのがユーキャンの中小企業診断士試験講座です。

楽天市場にオンラインショップもあります
生涯学習のユーキャン

「3時間も講義を聞く暇がない」

とにかく、時間がない方、講義を集中して聞くのが苦手なあなたにお薦めなのが、ゼミネットの中小企業診断士試験講座です。


「とにかく短期合格を目指したい」

とにかく、短期間で合格したい。今年中に合格したいと考えているあなたにお薦めなのがクレアールの中小企業診断士試験講座です。


「とにかく記憶に残りやすい勉強方法を探している」

記憶力が衰えているのか、勉強したことがなかなか定着せず、過去問もすらすら解けず、岐路に立たされている。そんなあなたにお薦めなのがパソコンソフトによる勉強です。資格試験向けとしては media5 PremierRoyalNewton TLTソフトがありますから、参考にしてみてください。

楽天市場にオンラインショップあり
ニュースタディーNewton楽天市場店やるCANムラウチなど

「スクールの講座で完璧に勉強したい」

中小企業診断士試験に確実に合格したいと考えているあなたにお薦めなのがLEC東京リーガルマインド大原といったオーソドックスな中小企業診断士試験講座です。
講義、演習講座、模擬試験。そして、分かりやすいテキストと過去問。このすべてがそろっています。

中小企業診断士試験の勉強をするときは時間は気にしない

資格試験の勉強をするときに気になることが、いくつかあると思います。例えば、今日は何ページ、勉強できたかとか、何問問題を解いたかということを気にすると思います。

中には、「今日は何時間勉強できた」とかの時間を気にする方もいらっしゃるのではないでしょうか。

でも、勉強時間はあまり気にする必要はないと思います。
なぜから、勉強は、何時間勉強したかが重要なのではなくて、どんな勉強をしたのかが重要だからです。

私が資格試験の勉強していたときも、勉強時間は気にしませんでした。

最初のうちは、何時間勉強するというようなことにこだわっていた時期もありましたが、だんだん、何時間勉強するかよりも、どれだけの量の勉強をするべきかのほうが重要だと気づいたからです。

勉強計画表にも、今日は何時から何時まで勉強するというのではなく、今日は、過去問を何問終わらせるという勉強内容を書くようにしました。

勉強するときは、机の上の時計ははずしておいて、とにかく、今日は、これだけの問題を解く。問題を解いたら、どんなに早くても休んでいいし、遅くても、気にしないという心構えで勉強しました。

そうすると意外にも、短い時間で



続きを読む
スポンサーサイト


(関連記事一覧)

中小企業診断士とは
中小企業診断士は、日本版MBAとも言われており、日本で唯一経営コンサルタントに関する国家資格とされています。経営コンサルタント会社で働く方はもちろんですが、一般の会社でもキャリアアップのために中小企業診断士の勉強をする方もいます。経営コンサルタントとして独立するかた多くも、中小企業診断士資格を取得しています。

中小企業診断士の年収
中小企業診断士は会社で生かして働くだけでなく、独立して生かすことができる資格です。独立して仕事をしている人の多くは、1000万円以上など、かなりの年収を稼ぎ出している人も少なくありません。

中小企業診断士試験科目と対策
中小企業診断士試験は試験科目が広範です。

スクールの中小企業診断士試験講座で勉強するなら
資格の勉強をするのが初めてだ。という受験生にお薦めなのが、スクールの通信講座を利用して勉強することです。

独学で中小企業診断士試験の勉強をするなら
中小企業診断士試験はやや難しい試験ですが、独学で合格してしまうことも可能です。独学で合格するためには、どうしたらいいのかヒントをまとめました。

みんなの中小企業診断士試験体験談を読んでみよう
みんなの中小企業診断士試験の受験体験談を紹介しちゃいます。体験談の投稿は下記のメールフォームで募集しています。あなたの体験談も聞かせて。



中小企業診断士試験に合格するための効率的な学習方法を簡単に説明します。

1、テキストの理解と暗記

まず、テキストを読みながら、基本的な事項を押さえるようにします。
テキストで勉強する際に気をつけたいことは、立法趣旨から理解していくことです。
中小企業診断士試験は暗記しなければならない事項がたくさんあります。しかし、趣旨を理解せずに暗記しようとしても意味がありません。趣旨から理解することが大切です。
時間をかけてじっくり取り組みましょう。


2、過去問を解く

テキストを一通り理解したら、次に、過去問を解いていきます。
はじめて、過去問を解く時は、間違えることが多いと思います。テキストで理解していたつもりであっても、実際に問題を前にするとわからなくなると思います。
最初は誰でもそうです。テキストを理解するための思考回路と、問題を解くための思考回路は違います。
例えば、スポーツでうまくなるためには、やり方をビデオなどで見ただけでは、うまくなることはないと思います。実際に自分で動いて、練習を積み重ねることで、うまくなっていきますよね。
試験も同じです。テキストを見て理解しただけでは、実際に問題を解く能力がつくわけではありません。問題を解く練習を積み重ねることによって、問題を解く力を身につけていくのです。
問題を解いているうちに、知識があやふやになったり、間違えやすい箇所を発見すると思います。そういった箇所を見つけたら、もう一度、テキストを読み直して、理解するようにしましょう。あやふやになりやすいところこそ、試験合格の鍵となる分野です。
最終的には、過去問の問題を覚えてしまうまでやりましょう。


3、予想問題・模試を解く

過去問を完璧にこなせるようになって、過去問自体を暗記してしまうほどになったら、次に、予想問題に取り掛かります。予想問題は、自分が受けている予備校や通信講座の予想問題だけでなく、様々な、予備校の予想問題に取り組んで、見るとよいでしょう。
本試験近くになると、予備校では、模擬試験が開催されますので、いろいろな予備校の模擬試験を受けてみるとよいでしょう。問題は解きすぎて悪いということはありません。大抵の予備校の問題は、本試験問題よりもやや難しめの問題を出す場合が多いようですが、模擬試験の結果よりも、模擬試験で間違えた箇所を再確認することに力を注ぐようにしましょう。



中小企業診断士試験に独学で挑戦する方へ

中小企業診断士試験に独学で合格している人もたくさんいます。

昔は、簡単だったけど、今は、難しいから無理だと思う人もいるかもしれません。

しかし、そんなことはありません。

やり方さえ、間違えなければ、独学でも合格は勝ち取れます。



独学で勉強する際には、注意したいことが3つあります。

1、分かりやすいテキストを利用する
テキストだけが頼りになるわけですから、とにかく分かりやすいテキストで勉強しましょう!

2、過去問は解説が充実しているものを
過去問は問題を解くことより解説を読むことのほうが大切です。詳しく解説されている過去問を選びましょう。

3、模擬試験、演習講座は受けよう
予備校には、通わなくても模擬試験だけは受けて、本試験の雰囲気を掴もう。どうしても、予備校にいけないなら、最低限、市販の予想問題集や受験雑誌には目を通そう。



独学で受験する方にお薦めの教材

1、中小企業診断士基本テキスト(必須)

本格的に勉強しようと決めたならば、テキストを一通りこなす必要があります。利用するテキストを決めたら、テキストがぼろぼろになるくらい使いまわすようにしましょう。

中小企業診断士スピードテキストシリーズ
TACが制作しているテキストです。近年の中小企業診断士試験傾向にぴったりです。試験合格のために必要な知識はすべてまとめられています。

その他の中小企業診断士テキスト一覧



3、中小企業診断士試験過去問(必須)

過去問は問題を解くことより解説を読むことのほうが大切です。詳しく解説されている過去問を選びましょう。

TACの中小企業診断士 過去問題集
中小企業診断士の過去問はいくつかありますが、上記で紹介している中小企業診断士スピードテキストシリーズを利用するのであれば過去問もTACの過去問題集がお薦めです。解説も充実しており、独学で勉強する方に最適です。

その他の中小企業診断士過去問題集一覧



4、中小企業診断士 二次試験対策

二次試験対策として大切なことは、「合格した方がどのような思考プロセスで答案を書いたのか?」という答案分析です。
予備校の模範解答のような完璧な文章を書くことが合格につながるわけではありません。
予備校の模範解答は、講師陣が会議で話し合い、時間をかけでじっくりと考えた上で作り上げたものです。
予備校が提示するような完璧すぎる解答を本試験の短い時間で書き上げることは現実的ではありません。

ふぞろいな合格答案 」には、実際に合格した方の生の答案が掲載されているため、大いに参考になります。

独学で勉強している方はもちろんですが、予備校で勉強している方もぜひ、一度は、目を通して置くことをお薦めします。



5、模擬試験は予備校で受けよう

模擬試験は、ありとあらゆる予備校のものを受けるのが一番よいでしょう。しかし、模擬試験開催日が重なるので、全部の予備校の模擬試験を受けることは不可能です。そこで、一番お薦めの予備校を紹介します。

一番お薦めなのは、LEC東京リーガルマインドです。

模擬試験の回数も十分ですし、本試験での的中率も高いことで知られています。模擬試験と似た問題が本試験でもよく出題されています。9月くらいから申し込み受付をしているので、チェックしてみてくださいね。

LECについてもっと知りたい方はこちらを参考にしてください



最後に、モチベーション維持に役立つ本を紹介します

中小企業診断士試験の勉強をしていると、モチベーションが下がってくることもあるではないでしょうか。

テキストを読んでいても理解できないことがあったり、なかなか覚えることができなかったり、過去問を解いてもなかなか正答を導き出せない。

しまいには、「なんのために中小企業診断士試験の勉強をしているんだろう?」と投げ出しそうになる。

そんなときには、中小企業診断士試験に合格した後の未来を思い浮かべることがモチベーションを取り戻す精力剤になります。

中小企業診断士の実像―診断士、独立開業のススメ は、中小企業診断士の世界をたくさんのデータと実例で知ることができる良書です。

精神論ではなくて現実的なデータを基にして、

・中小企業診断士とはどういう仕事をするのか?
・中小企業診断士年収
・中小企業診断士として独立成功するための秘訣

等が記載されています。

中小企業診断士試験の勉強でくじけそうになったときは、こうした本を読みながら、将来のことを思い描くことでやる気を取り戻せるはずです。

中小企業診断士の受験を決めたら、手元に一冊置いておくことをお薦めします。



独学で合格を目指す皆さん。ぜひ、参考にしてくださいね。


あなたにぴったりの講座はどれかな? 備考

「独学で勉強したい」

独学で勉強したいあなたに最適な教材をまとめました。独学で中小企業診断士試験に合格するためにはを参考にしてください。

独学での勉強方法のヒントをまとめました→独学で中小企業診断士試験勉強をする派

「講義を聴くのが面倒」

講義を聴きながら勉強するのは面倒。講義を聴かなくても理解できるテキストで勉強したい。というあなたにお薦めなのがユーキャンの中小企業診断士試験講座です。

楽天市場にオンラインショップもあります
生涯学習のユーキャン

「3時間も講義を聞く暇がない」

とにかく、時間がない方、講義を集中して聞くのが苦手なあなたにお薦めなのが、ゼミネットの中小企業診断士試験講座です。


「とにかく短期合格を目指したい」

とにかく、短期間で合格したい。今年中に合格したいと考えているあなたにお薦めなのがクレアールの中小企業診断士試験講座です。


「とにかく記憶に残りやすい勉強方法を探している」

記憶力が衰えているのか、勉強したことがなかなか定着せず、過去問もすらすら解けず、岐路に立たされている。そんなあなたにお薦めなのがパソコンソフトによる勉強です。資格試験向けとしては media5 PremierRoyalNewton TLTソフトがありますから、参考にしてみてください。

楽天市場にオンラインショップあり
ニュースタディーNewton楽天市場店やるCANムラウチなど

「スクールの講座で完璧に勉強したい」

中小企業診断士試験に確実に合格したいと考えているあなたにお薦めなのがLEC東京リーガルマインド大原といったオーソドックスな中小企業診断士試験講座です。
講義、演習講座、模擬試験。そして、分かりやすいテキストと過去問。このすべてがそろっています。

コメントの投稿

Secre

最新記事

資格を取って独立したい方
必見のブログです!


[資格で地道にこつこつ稼ごう]

「たった1人の天文学的成功談よりも100人の地味ながらささやかな成功談が参考になる」
をモットーに資格で独立してささやかな成功を掴むためのヒントを紹介。

巷では、「資格で1000万円稼ぐ~」みたいな開業本が流行っていますが、何千万も何億も荒稼ぎするより、「ささやかな成功」をつかめれば十分。

そう思う方は、ぜひ、参考にしてください。


月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム


<主要な通信講座の口コミ・評判>

LECの中小企業診断士試験講座の口コミ・評判
ユーキャンの中小企業診断士試験講座の口コミ・評判
大原の中小企業診断士試験講座の口コミ・評判
ゼミネットの中小企業診断士試験講座の口コミ・評判
media5 Premier Royalの中小企業診断士試験通信講座

中小企業診断士試験とは
中小企業診断士の求人
RSSリンクの表示
リンク
資格サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。